官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 商品で探す > 自動撮影カメラ(センサーカメラ・トレイルカメラ) > BMC SG570-12mHD【セキュリティパッケージ】

BMC SG570-12mHD【セキュリティパッケージ】
BMC SG570-12mHD【セキュリティパッケージ】
BMC SG570-12mHD【セキュリティパッケージ】

BMC SG570-12mHD【セキュリティパッケージ】

NEW!!

商品番号 sc0093

納期は1〜2週間ほどかかります
在庫状況により発送が遅れる場合は、納期をお知らせいたします。

【送料無料・メーカー保証1年つき】


販売価格26,250円(消費税込:28,350円)

数量
商品についてのお問い合わせ

お買い物ガイド インターネットでお買い物する際の注文方法をご案内します
よくある質問カメラボタン 自動撮影カメラ よくある質問はコチラから
PDFファイル 商品資料はコチラから(PDFファイルが開きます)


★超小型、超軽量で大量設置にオススメ!専用モニターが付属した自動撮影カメラです
特徴 【BMC SG570-12mHD】
超小型で軽量!!アプローチが遠い場所への設置や大量設置にオススメ
■外付けモニター付属で、撮影された静止画像の確認が可能なため現地にパソコンを持って行く必要はありません
■バッテリーは乾電池単三4本で作動
■わかりやすい日本語マニュアル付き
■メーカー保証1年付き

【セキュリティボックス】
■盗難防止のスチール製セキュリティボックスです

【パイソンロック】
■頑丈なケーブルキー、鍵で施錠します】
※ケーブルに付属しています鍵2本は、付属ケーブル専用の鍵になります。複数ご購入の場合は鍵の管理にお気をつけ下さい。
対象動物 中型・大型哺乳類
対応撮影方法 静止画、動画
おすすめ用途 中型・大型哺乳類の動物相モニタリング、生態記録
仕様 【BMC SG570-12mHD】
・横82mm×縦145mm×奥行36mm
・重さ 200g(バッテリー含まず)

【セキュリティボックス】
・スチール製

【パイソンロック】
・長さ(ケーブル部):180cm
・太さ(直径):5mm
機能 ・照射ライトの種類:赤外線ローグローライト
・最長照射距離:22m
・F.O.V(画角):55°
・静止画:昼間(カラー)・夜間(白黒)
・動画:昼間(カラー)・夜間(白黒)
・センサー有効範囲:最長20m/最大50°
・トリガースピード(※1):1.2秒
・センサーインターバル(※2):1秒〜60分で設定可能
・静止画解像度:12MP/5MP から選択可能
・連写可能枚数:1〜3枚
・動画記録時間:5〜60秒
・動画サイズ: HD1280×720/VGA640×480
・静止画記録形式:Jpeg
・動画記録形式:AVI
・記録媒体/サイズ上限:SD/SDHC 32GB
・モニター:1.7インチ外付けモニター
・撮影データ確認種類:静止画
・バッテリー(乾電池本数):単三4本
・メニュー画面言語:英語
・動作温度:-20℃〜60℃

※1:センサーが対象物を感知してから、シャッターを切る、もしくは録画をはじめるまでの時間差を表します
※2:センサー反応後、次にセンサーを有効にするまでの時間間隔(設定可能)
※3:撮影終了後、次の撮影準備ができるまでのカメラの回復時間(設定不可)
※4:設定した時間間隔での撮影方法(タイムラプス撮影は、設定した時間間隔よりズレて撮影されるため、正確な撮影間隔の画像が必要な業務等などには不向きです)

★メーカー仕様書または実験による数値です。使用環境によっては異なる場合があります。

⇒こちらで自動撮影カメラ一覧をご覧いただけます
(pdfファイルが開きます)
内容物 ・カメラ本体
・リモコン
・USBケーブル
・ベルト
注意事項 電池、メモリーカードは付属していません。別途ご用意下さい。
・雨天時の使用も可能ですが、防水仕様ではありません。
・大雨や多湿などは避けてください。
野外での使用を前提とした仕様となっておりますが、防水、耐衝撃ではありません。基本的には防滴仕様となり、大雨や多湿といった水の影響を大きく受ける環境下では、カメラ内部に浸水の可能性があり、カメラの故障の原因となります。よって水の影響を大きく受ける環境は避けて設置することをお勧めします。
※浸水による故障は、保証の対象外となります。
・カメラを設置する際には、設置目的等を明確にした標識等も一緒に設置することをおすすめします。
備考 -