鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣害防止の”知恵”を発信するブログ│野生動物の被害でお困りの皆様へ鳥獣被害対策の情報をお届けしています。
最新記事

獣害対策

ニホンザルを例に~生きもの知識が地域を救う

今回の鳥獣害対策の知恵袋は、ニホンザルについてのお話です。群れで生活するニホンザル、その群れの構造は複雑かつ絶妙なバランスがあるため、有害捕獲の際には注意する点がいくつかあります。

箱わな捕獲に便利!アニマルセンサー

箱わな捕獲に便利なアニマルセンサーは、目に見える仕掛けがないので、捕獲獣が警戒することなく箱わなに入ります。また、自作の箱罠にも設置が可能で幅広く活用できます。実際にアニマルセンサーを使って捕獲した動画と、製品をご紹介します。

シカのウンチを調べてみたら

シカの増加が全国的に問題になっていますが、まずはシカがどこにどれくらいいるのかを明らかにしなければなりません。シカの生息密度を推定するために行われる方法の一つとして、比較的簡単にできて、多くの場所を調べやすい方法に「糞粒法」があります。

長崎県主催「獣害サミット」へ参加してきました

今回の鳥獣害対策の知恵袋は、先日長崎県で開催された「獣害サミット」のレポートです。このサミットでは、講演者の方々がそれぞれ地域に入って地域住民と一緒に活動し、現場レベルでの対策を推進したことを報告されているところが印象的でした。

獣害対策今昔物語~その1~

現代では自動撮影カメラ、電気柵、箱わなといった獣害対策商品がいろいろあります。しかしそれらの商品がなかったころの人々は、どのように野生生物から集落の作物などを守ってきたのでしょうか。今回は過去に日本で行われていた防除方法をご紹介します。

獣害対策:電気柵へのギモン回答、維持管理について

獣害対策の電気柵へのギモン回答第2弾です。今回のギモンは「電気柵は人が触って危なくないの?」「他の柵に比べて電気柵は手入れが大変なのでは?」です。

獣害対策:電気柵へのギモン回答と適切な張り方

獣害対策である電気柵へのギモンについてお答えしたいと思います。本日はまず1つ目のギモン「電気柵は本当に獣に効くの?」についてです。電気柵を張っても思うような効果が得られない場合は、電気柵が正しく設置されていない可能性があります。また、他の柵との比較や効果的なワイヤーロープの張り方などもご紹介します。

侵入防止柵「グリーンブロックネット」の試験設置

4月に発売した侵入防止柵「グリーンブロックネット」の試験設置(商品チェック)を行いました。ネット柵「グリーンブロックネット」はシカ、イノシシ侵入防止用のネット柵です。高さは地上高1.8mで、シカやイノシシをネットに近づけないためのスカートネットがついており、手間をかけず低コストで設置が可能な商品です。

自動撮影カメラの性能 その1

鳥獣被害対策.comで扱っている各カメラの赤外線センサーの感度や性能について説明します。

« 1 2 3

ブログ内検索

お役立ち資料

はじめての電気柵資料請求フォーム

保定具で事故防止対策

保定具セット

豚熱(CSF)イノシシ対策

豚熱(CSF)の防疫・防除に役立つ情報ページ

鳥獣被害対策ドットコム


イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。

電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!

運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

お問い合わせフォーム

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 鳥獣害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.