鳥獣被害対策と野生生物の専門家による鳥獣害防止の”知恵”を発信するブログ│野生動物の被害でお困りの皆様へ鳥獣被害対策の情報をお届けしています。
最新記事

イノシシ対策

猪対策の決定版!「イノシッシ」の生みの親 近江屋ロープさんを訪問してきました

先日、『近江屋ロープ』さんを訪問してきました。近江屋ロープさんは、創業は昭和35年ですが、事業歴は200年を超える歴史ある企業です。社名のとおり、ロープを取り扱うメーカーさんですが、顧客のニーズに真摯に対応するうちに、イノシシなどの野生鳥獣の侵入を防ぐための、『イノシッシ』の商品開発に至ったそうです。顧客のニーズに、真摯に向き合うことで信頼を得ているのでしょうね。会社のディスプレイに、社員が協力して作成した、ジオラマの展示が印象的でした。

鳥獣被害対策の『講習会』を実施しました

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、弊社が講師を務めさせていただいた鳥獣被害対策の「講習会」についてのお話です。自治体の鳥獣被害対策ご担当者様や地域で被害対策に取り組むハンターさんなどに対して、講義や技術指導を行いました。弊社では、講習会を含め、さまざまな角度から鳥獣被害の対策に取り組んでいます。

【イノシシ対策用】箱罠WB1800(片開)へのアニマルセンサーの取り付け~栄工業訪問記

【イノシシ対策用】箱罠WB1800(片開)を製造している国内メーカーの栄工業さんへ訪問し、アニマルセンサーの取り付けをテストをしてきました。栄工業さんの製造するイノシシ用の大型箱罠やアライグマなどの中型獣箱罠はすべて自社で製造しており、造りの良さと充実したアフターケアが売りです。

自動撮影カメラでイノシシ、シカの出現状況確認~狩猟下見その3~

今シーズンの猟期が始まりましたが、見回り点検を含めた連続した日程を確保できないでいるため、実猟がはじめられず、まだ下見の段階です。前回下見した場所でのイノシシ、シカの出現状況をみるため、自動撮影カメラ(BMC SG560P-8M)を設置してみました。けもの道に1台、ぬた場に1台の計2台です。どちらの自動撮影カメラにもイノシシ、シカが撮影されていました。

イノシシ対策3つのステップとは?

イノシシ対策を成功させるためにはどうしたら良いのでしょう?イノシシ対策には3つのステップが必要といわれています。その3つとは、①イノシシの侵入を防ぐ②イノシシを農作地や集落に近寄らせない③イノシシを罠で捕獲するです。

« 1 2 3 4 7 »

豚コレラの防疫・防除に役立つ情報ページ

ブログ検索

鳥獣被害対策.com


イノシシ、シカ、アライグマ、ハクビシン等の鳥獣害対策グッズを販売しています。

電気柵、ワイヤーメッシュ柵、箱わな、自動撮影カメラ、忌避用品など、各種揃っています!

運営会社 株式会社地域環境計画


イノシシ対策の罠

猪被害を防ぐ3つのステップ

メルマガ登録

鳥獣被害対策.com

twitter

カテゴリー

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 鳥獣害対策の知恵袋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.