行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 豚コレラ防除・防疫 〜野生イノシシ対策でお困りの皆様へ〜

豚コレラ防疫・防除、イノシシ対策でお困りの皆様へ

2018年9月に岐阜県各務原市で確認された豚コレラを発端に、現在では各地で豚コレラ防除・防疫の対策が進められています。
農水省も被害拡大を防ぐための支援を強化する方針で施策と検討をはじめており、被害が相次いでいる愛知県、岐阜県を中心に、周囲の三重県、静岡県、富山県、長野県、石川県、福井県、滋賀県の7県でもイノシシ対策の強化が協議されています。

(関連記事)豚コレラ拡大防止で野生イノシシ対策 7県でも実施へ

2019年7月16日に農水省は全国の地域を対象に、農場にイノシシの侵入を防ぐための防護柵を設置するための費用の半額を助成する旨を発表しており、より一層の対策の強化と早急な対応を全国の農場に求めています。

(関連記事) 豚コレラで農水省検討 10キロ圏から防護柵設置
(関連記事)豚コレラ 防護柵に半額助成 

群馬県の高崎市では豚コレラ発生した際の対策・対応についての講演会が開かれれており、自治体は、農場に被害が出る前の情報共有と有事の際の迅速かつ的確な対応を呼びかけています。

(関連記事)群馬県高崎市 豚コレラ 発生時の対応学ぶ

今回の豚コレラ発生については、「野生のイノシシが最初に感染し、養豚場などに広がった」との見解もあります。 そのため、畜舎へのウイルス侵入を防ぐための水際対策の一つとして、畜舎周辺における”イノシシ対策”が重要であると言えます。

豚コレラ防除・防疫に有効な
イノシシ対策関連資料 をダウンロードする

畜舎を守る「野生イノシシ対策」として有効な防護柵

イノシシの侵入対策としては、防護柵が用いられます。種類としては、電気柵・ワイヤーメッシュ柵・トタン柵・ 金属ロール柵などがありますが、最も有効な対策として選ばれている対策の一つとして、“ワイヤーメッシュ柵” があります。
弊店の運営するブログ「イノシシ対策の知恵袋」にて、防護柵の選び方・設置方法を詳しく掲載しておりますので、参考までにご覧ください。

▼豚コレラ/イノシシ対策 防護柵の選び方と設置方法とは? …
(参考ブログ)【豚コレラ/イノシシ対策】防護柵の選び方と設置方法とは?

  豚コレラ対策・イノシシ対策に有効な防護柵・ワイヤーメッシュ柵「いのししくん」
 (商品リンク)
  イノシシ対策に有効な防護柵・ワイヤーメッシュ柵「いのししくん」

 (情報リンク)
  イノシシ対策商品の種類と解説(電気柵・金属柵・箱わな など)

獣害対策を主に取り扱う弊店としましても、直近で増大しているイノシシ対策用防護柵の問合せ数からも問題の深刻性を受け止め、確かな情報を必要としている農場・畜産経営者の方々ひとりでも多くに届くよう情報発信を強化していくよう進めてまいります。

豚コレラ防除・防疫に有効な
イノシシ対策関連資料 をダウンロードする

不明な点はございませんか?お気軽にお問合せください。専門のスタッフが対応させていただきます。フリーダイヤル:0120-449-106