行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 商品で探す > 自動撮影カメラ(センサーカメラ・トレイルカメラ) > ハイクカム SP108-J 自動撮影カメラ(トレイルカメラ)

ハイクカム SP108-J

※コチラの商品は販売は終了しました
⇒ 後継機種【ハイクカム SP2】はコチラです


HykeCam(ハイクカム) SP108-JはH264 MPEG4 リアルHD動画(※1)を撮影できる最新チップを搭載しています。

HD動画を撮影できる機種は他にもありますがMotion Jpeg形式がほとんどで撮影された動画を見比べると画質が大きく違います。リアルHD(720P)モード時でもフレームレート30fpsと高く、滑らかな音声付き動画を撮影することができます。

トリガースピード1秒、リカバリータイム5秒以内(※2)と自動撮影カメラ(トレイルカメラ)としての基本性能も高く、まさに次世代の自動撮影カメラ(トレイルカメラ)と言えます。

ハイクカム製品はユーザーの声を反映しより良い機能を付加させていくためファームウェアの更新が多々あります。

またハイクカムは日本語メニューに対応しています。

※1.H264 MPEG4とは動画・音声をデジタルデータとして扱い、Motion JPEGと比較してデータ容量が小さく高画質な動画圧縮形式です。
※2.動画モード時。静止画モードは8-9秒

◆H264 MPEG4 リアルHD音声付動画撮影
ハイクカム SP108-Jは最新のチップを搭載した最新機種です。
H264 MPEG4動画フォーマットは動画・音声をデジタルで処理するため高性能ハードウェアが必要になります。
最新機種だからできる従来機種よりはるかに高画質な静止画、動画を撮影することができます。

動画








静止画
ハイクカム SP108-J静止画
◆リカバリータイム3-5秒
リカバリータイムはカメラが撮影を終えてから次の撮影準備ができるまでの回復時間です。実際には下記の処理をカメラ側で行っております。

1.低下したバッテリー電圧の回復
2.フラッシュの回復
3.撮影された画像、映像のSDカードへの保存

通常、これらの処理には10秒以上のリカバリータイムを要します。
ハイクカムは高画質であるにも関わらず、高速処理チップを内蔵し動画モード時、5秒以内で次の撮影に移ることができます。リカバリータイムが短いことで対象を逃さず、より多く撮影できます。
◆日本語表示
ハイクカムは全てのメニューを日本語化しています。英語が苦手な方でも分かりやすくお使いいただけます。
ハイクカム SP108-J日本語メニュー

◆2way スケジュール機能
ハイクカムはセンサー撮影、タイムラプス撮影の2つのモードを2パターンのタイムスケジュールで組むことができます。これにより今までできなかった動物が通った時のモーション感知撮影と定点観測を時間毎に使い分けることが1台で可能になります。
ハイクカム SP108-J 2way スケジュール機能
例1.8:00〜17:00は30分ごと、19:00〜24:00は1時間ごとのタイムラプス撮影
例2.10:00〜15:00、19:00〜5:00にセンサー撮影
例3.5:00〜12:00はセンサー撮影、18:00〜23:00は10分ごとのタイムラプス撮影

※ タイムラプス撮影は、カメラ本体のリカバリータイムなどの影響で、設定した時間間隔にズレが生じ、正確な撮影間隔の画像が必要な業務等などにはお勧めできません。メーカーや機種により精度が違いますので、詳細についてはご相談ください。
◆長時間バッテリー稼働
ハイクカムは単3電池を最大12本設置可能です。
他の機種が8本のものが多くそれより1.5倍のバッテリーを挿入可能にし、より長時間動作することが可能になりました。
ハイクカム SP108-J 長時間バッテリー稼働
テスト結果:静止画モード時 14250枚撮影(新品アルカリ12本使用、昼夜)
◆リアルツリー迷彩
より自然に溶け込むようリアルな迷彩ペイントを施し、野生動物の警戒を軽減します。
ハイクカム SP108-J リアルツリー迷彩
◆自動撮影カメラ(トレイルカメラ) 選び方講座
自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を選ぶうえで重要な選択肢である、光るタイプ(LED)と光らないタイプ(ノーグロー)について説明をしています。自動撮影カメラ(トレイルカメラ)選びの参考にご覧ください。
ハイクカム SP108-J
ハイクカム SP108-J
ハイクカム SP108-J

ハイクカム SP108-J 自動撮影カメラ(トレイルカメラ)

商品番号 hk0001

販売終了しました
⇒ 後継機種【ハイクカム SP2】はコチラです

販売価格27,700円(消費税込:29,916円)

 
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

お買い物ガイド インターネットでお買い物する際の注文方法をご案内します
よくある質問カメラボタン 自動撮影カメラ(トレイルカメラ) よくある質問はコチラから
PDFファイル 商品資料はコチラから(PDFファイルが開きます)


特徴 H264 MPEG4 リアルHD音声付動画撮影が可能
■リカバリータイムが短いので対象を逃さず、より多く撮影が可能
全てのメニューを日本語化
■センサー撮影、タイムラプス撮影の2つのモードを2パターンのタイムスケジュールで組むことが可能
■単3電池を最大12本設置可能だから長時間バッテリー稼働
■本体内蔵モニターにより、撮影した静止画、動画の確認可能
対象動物 中型・大型哺乳類
対応撮影方法 静止画、動画
おすすめ用途 中型・大型哺乳類の動物相モニタリング、生態記録
仕様 ・幅120×高さ150×奥行70mm
・重さ 400g(バッテリー含まず)

※セキュリティボックスとパイソンロックがセットになった ハイクカム SP108-J【セキュリティパッケージ】 もあります
機能 ・照射ライトの種類:940nm赤外線ノーグローライト
・最長照射距離:20m(2段階設定可能)
・F.O.V(画角):42°
・静止画:昼間(カラー)・夜間(白黒)
・動画:昼間(カラー)・夜間(白黒)
・センサー有効範囲:最長25m/最大35°
・トリガースピード(※1):1.0〜1.3秒
・センサーインターバル(※2):0秒〜60分で設定可能
・リカバリータイム(※3):静止画2〜3秒、動画3〜5秒
・静止画画素数:12MP/8MP/5MP/3MPから選択可能
・連写可能枚数:1〜3枚
・連写間隔設定:短 1-2秒/長 2-3秒 2段階設定可
・タイムラプス撮影(※4):30秒〜8時間で設定可能
・動画記録時間:動画モード時 最大2分間/静止画+動画モード時 最大30秒間 
・動画サイズ(fps)/(px):HD1920×1080,1280×720/800×480,320×240
・静止画記録形式:Jpeg
・動画記録形式:H.264MPEG4/AVI
・静止画動作時間目安:15,000枚
・動画動作時間目安:1,500本(10秒間設定)
・記録媒体/サイズ上限:SD/SDHC 32GB
・モニター:内蔵モニター
・撮影データ確認種類:静止画、動画
・バッテリー(乾電池本数):単三12本
・待機期間:最大1年間
・メニュー画面言語:日本語、英語切替可能
・動作温度:-25℃〜50℃

※1:センサーが対象物を感知してから、シャッターを切る、もしくは録画をはじめるまでの時間差を表します
※2:センサー反応後、次にセンサーを有効にするまでの時間間隔(設定可能)
※3:撮影終了後、次の撮影準備ができるまでのカメラの回復時間(設定不可)
※4:設定した時間間隔での撮影方法(タイムラプス撮影は、設定した時間間隔よりズレて撮影されるため、正確な撮影間隔の画像が必要な業務等などには不向きです)

★メーカー仕様書または実験による数値です。使用環境によっては異なる場合があります。
★ファームウェアバージョン「20151221」

⇒こちらで自動撮影カメラ(トレイルカメラ)一覧をご覧いただけます
(pdfファイルが開きます)
注意事項 電池、メモリーカードは付属していません。別途ご用意下さい。
・雨天時の使用も可能ですが、防水仕様ではありません。
・大雨や多湿などは避けてください。
野外での使用を前提とした仕様となっておりますが、防水、耐衝撃ではありません。基本的には防滴仕様となり、大雨や多湿といった水の影響を大きく受ける環境下では、カメラ内部に浸水の可能性があり、カメラの故障の原因となります。よって水の影響を大きく受ける環境は避けて設置することをお勧めします。
※浸水による故障は、保証の対象外となります。
・カメラを設置する際には、設置目的等を明確にした標識等も一緒に設置することをおすすめします。
備考 -