行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 鳥獣被害の現状と対策 > ブラックバス

クマ対策用品

オオクチバス・ブラックバス

形 態 上顎の後端が目の直下よりも後方に達し、下顎が上顎よりも突き出る。
体側には不明瞭な太く黒い縦状(線)が1本ある。全長は30〜50cm(最大97cm)、側線鱗数は59〜68である。
分 布 原産国はカナダ南部、アメリカ中東部、メキシコ北部。日本には1925年にアメリカ・オレゴン州から、神奈川県芦ノ湖に導入された。1970年代から意図的な放流により急速に拡がり、2001年には全都道府県に分布した。現在では、北海道以外では定着もしている。
生息環境 天然湖沼やダム湖、ため池、公園の池、河川の中・下流域などに生息する。
食性 小型の魚類やその稚魚、甲殻類、陸上・水生昆虫類、カエル、サンショウウオも食べるほか、大型の個体の胃からは、水鳥の雛、ネズミ類、ヘビなどが出てくることもある。
繁殖 繁殖期は水温が15度に達するとはじまり、本州では4〜7月頃に砂礫底に沈性付着卵を産む。雌の体内卵数は2000〜145,000粒で、大きな雌では1つの巣に産み落とされる卵数は2万粒を越えることもある。卵と稚魚は雄に保護される。
1年で18cm、2年で25cmほどになり、6〜7年まで成長する。

参考文献

  • 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海(2001) 日本の淡水魚.株式会社山と渓谷社.
  • 多紀保彦(監修)・財団法人自然環境研究センター(編)(2008) 日本の外来生物.株式会社平凡社.

オオクチバス・ブラックバス

分布図

分布図

出典:国立環境研究所・侵入生物データベース
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/

被害

  • 希少種を含む在来種を捕食するなど、生態系に大きな影響を与えている

クマ対策用品