行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策ドットコム

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > よくある質問 > わなによる捕獲に関して

よくある質問

わなによる捕獲に関して

畑を荒らす動物を捕獲したいと思っています。どうすれば良いですか?
個人的な数頭程度の捕獲では、地域における個体数を減らすことが出来ず、ほとんど被害防止の
効果はありません。また、捕獲には、捕獲の許可や狩猟免許が必要な場合があるなど、法律の規制を受けており、これらを遵守する必要があります。
わなによる捕獲をお考えの場合、まず、お住まいの市町村の鳥獣被害担当窓口へお問い合わせください。
なお、法律に関しては、こちら(ご購入前に必ずお読み下さい)概要を説明しています。
家でネズミを駆除したいと思っています。狩猟免許や許可申請の手続きが必要ですか?
必要ありません。
説明:野生鳥獣を捕獲する際は、基本的に狩猟免許や許可申請などの手続きが必要ですが、
家ネズミである、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミを捕獲する場合は必要ありません。
家にハクビシンが入り込んだようです。捕獲して駆除したいのですが、
狩猟免許や許可申請の手続きが必要ですか?
必要です。
説明:ハクビシンは害獣であっても勝手に捕獲することはできません。
ハクビシンを捕獲する場合は、鳥獣保護法で定める狩猟免許(わな猟免許)と該当地域の都道府県に狩猟者登録が必要です。地域により試験の時期や手続きが異なりますので、詳しくは、お住まいの都道府県や市町村の鳥獣保護担当窓口にお尋ねください。
我が家の畑をアライグマが荒らしています。
捕獲して駆除したいのですが、狩猟免許や許可申請の手続きが必要ですか?
必要です。
説明:アライグマは害獣であっても勝手に捕獲することはできません。
アライグマは、外来生物法により、外来動物に指定されいて駆除対象の動物ですが、勝手には捕獲できません。捕獲するにはお住まいの市町村の「防除作業従事者」になる必要があります。
アライグマの捕獲に関しては、各自治体によって対応が異なりますので、詳しくは地元の都道府県や市町村の外来生物防除担当(窓口はこちら)にお問い合わせ下さい。
捕獲した動物は、どのように処理すれば良いですか?(殺処分について)
捕獲した動物の殺処分に関しては、各都道府県の鳥獣保護計画や市町村の外来生物防除計画に
記載された方法(出来るだけ苦痛を与えない方法)や場所で行う必要があります。
各自治体によって、対処が異なりますので、詳しくはお住まいの都道府県や市町村の鳥獣被害や外来生物防除担当(窓口はこちら)にお問い合わせ下さい。