行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策ドットコム

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 動物被害を防ぐには > 餌の管理

◆田畑や集落内の食べ物(餌)の管理
集落の内外には、動物の食べ物や隠れ家がたくさんあります。田畑を柵で囲い、作物以外の食べ物や隠れ家を管理すると、集落は動物にとって魅力のない場所になります。一つずつ対処をしていきましょう。
・田畑の周りに放置された果実や野菜
収穫時、不要な野菜や果実を畑のわきに放置すると、動物の餌場になります。
すき込み、埋設、焼却を行いましょう。
・カキやクリの木
収穫されなくなったカキやクリの実は、サルやクマをひきつけます。
熟れて落下したカキなどの果実は、イノシシの餌になります。
早めに実を採るか、伐採しましょう。
・お供え物
お供え物はお墓詣りのときだけにし、持って帰りましょう。
・耕作放棄地
放棄田畑はすぐに茂みになり、茂みの草の根や茎、実は動物の餌になります。
地域で協力し草刈り、藪払いをしましょう。
草刈ができない耕作放棄地は、柵で囲いましょう。
・あぜ道の雑草
あぜ道の雑草は、餌の少ない冬場のシカにとってご馳走です。
定期的に草刈をしましょう。
・水田の雑草
収穫後の二番穂はサル、シカ、クマ、イノシシの餌になります。
二番穂が育たないように耕した田んぼにも、再び雑草が生え、シカの餌になります。
定期的に耕し、冬の餌をなくしましょう。