野生動物の専門家による鳥獣害対策のためのブログ。野生動物の生態、観察、忌避、捕獲まで、被害を防ぐために役立つ情報を発信しています。

ご相談・お問い合わせ

ブラックバス(オオクチバス)による水域への被害

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちは「鳥獣被害対策.com」の井上です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
外来魚であるオオクチバスブラックバス(オオクチバス)による
水域への被害についてです。

ブラックバス(オオクチバス)は、
1925年に神奈川県芦ノ湖に導入されたのがはじめで、
現在では一部の水域を除き、
密放流により日本全国に分布を拡大しています。
(桐生 1991、丸山 2002:図1参照)オオクチバスが生息する都道府県の推移

ブラックバス(オオクチバス)は肉食性が強く、
魚類のみならず、様々な水生昆虫を捕食するほか、
水辺を飛翔するトンボ類の成虫なども
捕食することが知られています。

ブラックバス(オオクチバス)の被食者に対する
選択性には諸説があり、ヨシノボリ類やエビ類等の
“少し泳いでは止まる”というような
動きをする水生生物がまずはじめに捕食されるようです。

次に、その他の魚類を捕食し、これらの水生生物が
尽きてくると、ヤゴをはじめとした水生昆虫類が
捕食されるといわれています。

さらに、餌資源が乏しくなると、
ブラックバスの稚幼魚が捕食される傾向があるようです。

オオクチバスと聞くと、
●琵琶湖(滋賀県)
●霞ケ浦(茨城県)
●伊豆沼(宮城県)
といった大きな湖にいるイメージがあります。

しかし、実は全国的な密放流が横行しており、
現在ではダム湖やため池、さらには
5haにも満たない都市公園の池にまで放され、
繁殖しているのが現状です。

そして、小さな池などは生物資源量が限られ
ているために、ブラックバス(オオクチバス)が
導入された場合は、早期に水域生態系へ影響が
及ぶと考えられます。

実際に、以下のような実験データもあります。

この実験は、隔離された空間におけるデータで
あるために、自然環境に直接的に反映される
ものではありませんが、データをみる限りでは
自然環境においても相当の影響が大きいと推察されます。

河川における外来種対策に向けて(案)
※細谷ほか(2000,2001)の資料を基に(財)リバーフロント整備センター(2001)
がまとめた:「河川における外来種対策に向けて(案)」を引用

このような被害状況に対して、
内水面漁業関係者や国、自治体等の様々な主体が
駆除の実施を始めています。

具体的には、ため池などの水抜きが可能な水域では、
かい掘りによる除去作業が行われています。

しかし、“混獲(※1)”による在来種への影響が
懸念されたり、かい掘りを1回実施しても、
すべての外来魚(個体)が取り除けるとは限らず、
また実施には多大な労力とコストが
必要となることも念頭に置かなければなりません。

このような状況の中、明るいニュースとして、
北海道でブラックバスの生息が確認されていた
3カ所の水域において駆除が完了したとし、
2007年5月28日にはブラックバス一掃が宣言されました。
この駆除には、電気ショッカーボート(※2)といった
新たな駆除技術も導入されています。

この画期的な方法については、
また改めてご報告したいと思います。

現状において、外来魚が侵入してしまった
水域については、地域の生態系を保全するために、
駆除を実施する必要性があります。

駆除方法としては、上述のかい堀りの他、
投網や刺網、定置網による捕獲などが
一般的に行われています。

しかし、一番大切な事は、ブラックバス(オオクチバス)を
はじめとして、ブルーギル等の外来魚が
導入されていない場所では、未然にこれらの
外来魚の導入を阻止する方策を立てることが、
最も重要なポイントになるのではないでしょうか。

  • この記事を今すぐシェアする
  • facebookアイコン
  • Xアイコン

この記事を書いた人

井上 剛

鳥獣被害対策 お役立ち情報

被害を防ぐために知っておきたい情報を公開中!

▼イノシシ被害でお悩みの方はこちら

トップへ戻る

先頭へ