行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 商品で探す > ICT・IoTを活用した獣害対策

ICT・IoTを活用した獣害対策

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラ機種を性能比較イメージ


近年の高齢化や過疎化による営農意欲の減退や狩猟者の減少により、鳥獣被害が深刻化・広域化
している中、様々なICT・IoTを活用した獣害対策の取り組みが広がっています。
農林水産省では、ICT・IoTの技術の活用を促進するため、「鳥獣被害防止総合対策交付金」にて、
地域が行う実証・導入の取組を支援しています。


ICTとは

ICTは、「Information Communication Technology」の略語で、直訳すると「情報伝達技術」です。
通信技術を使って、人とインターネット、人と人が繋がる技術です。



IoTとは

IoTは、「Internet of Things」の略で、直訳すると「モノのインターネット」となります。
離れているモノの状態を確認・操作したり、インターネットに繋げて遠隔操作をする技術を指します。




獣害対策・野生動物の調査および捕獲に関するコンサルティング


ICT・IoTを活用した獣害対策は、こんなことが実現可能です

@見回りの負担の軽減・効率化

遠隔監視・遠隔操作ができるICT機器を使い、罠に対象動物がかかったアラートや、罠のシャッターを落とす操作等が可能です。
他にも、クラウド機能等を使って、複数名での罠の監視・捕獲操作も可能です。

例えば、当社が取り扱っている遠隔監視装置のサービス「オリワナシステム」を利用することで、

@携帯圏外に設置した遠隔地のわなの作動状況がわかる
A低コストで導入できるため設置数の多いくくり罠にも最適で広域・大規模導入が可能
B専用アプリで、いつでも・どこでも・誰とでも、情報の共有が可能


など、見回りの負担を大幅に軽減することができます。

※「オリワナシステム」には遠隔でシャッターを下ろす機能はございません。


 IoT通信・里山通信・野生動物捕獲用わな遠隔監視装置「オリワナシステム」

A捕獲率をあげる技術として導入

罠に入った頭数や大きさ(幼獣・成獣)を判定して仕掛けを落とす装置で、効率的な捕獲が可能になります。 また、通信タイプのトレイルカメラを利用して、対象動物の特定や けもの道を見極めて、効果的な罠の設置場所を選定することが出来ます。

Bドローン等を利用した被害状況の把握

獣の生息実態・被害状況の把握にドローンが活用されています。ドローンからの空撮と赤外線カメラの組み合わせで、イノシシ、シカ等の生息状況をより正確に把握することができます。

ドローンによる調査・提案


不明な点はございませんか?お気軽にお問合せください。専門のスタッフが対応させていただきます。フリーダイヤル:0120-449-106