行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 猪被害を防ぐには > 猪ってどんな動物?

◆猪の痕跡とはどんなものなのでしょうか?
被害を及ぼしている動物が猪なのか確かめてみましょう。


痕跡_足跡猪
★長細い蹄の跡が2つ。鹿と似ていますが、その後ろに1対の副蹄の跡がつくのが猪の特徴です。
しかし、副蹄は写真のような泥地など、柔らかい地面でないと跡がつきません。 その場合は鹿との区別は難しいです。掘り返し跡や糞を探して、鹿と区別しましょう。
★柔らかい地面でも、猪と違い副蹄がつきません。
この場合は、シカか、カモシカの足跡です。
その他痕跡_掘り起し その他痕跡_ぬた場 その他痕跡_体こすり
★猪は土中のミミズや草木の根を探し、地面を掘り起こします。 ★猪や鹿は体についたダニやノミを落とすために泥浴びをします。このような泥浴び場を「ぬた場」といいます。 ★泥浴びをしたのち、体を木の幹にこすりつけます。
ライン
自動撮影カメラを使って猪の行動を確認しましょう。

★自動撮影カメラは、動物の熱を感知し自動で撮影してくれるので、こっそり田畑に侵入する猪の姿も捉えます!
夜間撮影もできるので、夜行性の動物も撮影でき、動画も撮れるので、猪の動きや行動内容まで確認できます。
自動撮影カメラ5210A
・静止画(夜間撮影)

・動画(クリックすると画像が再生します)
ライン
★イノシシの生態ページへジャンプします⇒
★イノシシ対策商品へジャンプします⇒