行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 動物被害を防ぐには > 電気柵の種類と選び方

◆電気柵とは?〜電気柵の種 類と選び方〜

電気柵の仕組み
電気柵のしくみ
対象動物
イノシシ、シカ、サル、クマ、ニホンカモシカ、アライグマ、ハクビシン、ヌー トリア、タヌキ、キツネ
※通常のネット柵、ワイヤーメッシュ、金属柵では防げない、柵を登れる動物も防ぐことができま す。
使用例
短距離から長距離まで幅広く使用できます。
(家庭菜園、田畑など小規模農地から、ゴルフ場や農園など大規模敷地、森林と集落の境界、森林内など)
特徴
軽い電気ショックで動物を驚かし、侵入を防ぐ柵です。
(触っても、ビリッとするだけで人体に影響はありません。動物に対してもあくまで軽い電気ショックを与 えるだけですので、触っても死傷したり気絶をしたりすることはありません。動物は一度鼻先で柵線を触る と、その後電気ショックを嫌がり柵に近づかなくなります)
安価で設置がとても簡単です。必要な作業は、草刈り、支柱(軽量グラファイポ ール等)を立てる、柵線をひっかける、電源装置とアースをつけるのみです。
設置後の点検や維持管理については、漏電を防ぐための定期的な草刈り、落ち 枝による破損の有無確認などの維持管理が必要なため、他の柵より少し手間がかかります。
(他の柵についても、定期的なチェックや維持管理は必要です)
他の柵との組み合わせも容易です。例えば、ネット柵+電気柵、金属柵+電気柵なども 可能です。
⇒詳しくは、効果的な柵の設置方法点検と維持管理をご覧ください。
製品の選び方(動物の画像をクリックすると 商品ページへジャンプします)
動物の種類によって、適切な電線の段数、設置高さが異なります
⇒その他、詳しくは効果的な柵の設置方法をご覧ください。
イノシシ電気柵の商品ページ 
へジャンプします

*イノシシ
地面から20cm、20cmの2段張り
アライグマなど中型獣の 
電気柵商品ページへジャンプします

*タヌキ、アライグマ、ハクビシンなどの中型獣
地面から5cm、10cm、10cm、10cmの4段張り
(10cm、10cm、20cmの3段張り+あいがもネットセットもあります)
シカ電気柵の商品ページへジ 
ャンプします

*シカ
地面から20〜25cm、25〜30cm、30〜45cm、40〜50cmの4段張り
クマ電気柵の商品ページへジ 
ャンプします

*クマ
地面から20cm、20cmの2段、もしくは20cm、20cm、20cmの3段張り
※これらの段数、柵線間隔は参考値です、地域によってさまざまな事例があり、加 害獣の田畑への執着の強さによって段数を増やす、間隔を詰めることが必要となります。
参考価格(弊社取扱商品)
イノシシ 用2段張り 200円/m〜
シカ用4 段張り 430円/m〜
アラ イグマ、ハクビシン、タヌキ等中型獣用4段張り 260円/m〜
クマ用2 段張り 200円/m〜
電気柵付 き金属柵(ビリビリイノシッシ)※イノシシ、シカ、サル用 4020円/m〜※送料別
資材費のみ(税抜価格)
設置距離や資材の入数によって、実際にはこれより割高になる場合があります。
条件に応じお見積りを承ります。