イノシシ被害を防止するためには | イノシシ対策 | イノシシ対策の知恵袋こんにちは
鳥獣被害対策.comの井上です。

今回の鳥獣害対策の知恵袋は「イノシシ被害
を防止するために、私たちが実践できること」
のお話しです。

イノシシ対策を行うには、まず、相手の本当
の姿を知ることが大切です。
そして、相手のすべてを知った上で、自分の
田畑に適した被害防止の対策を考えましょう。

今回のお話は、以下のとおり、5つの項目に
まとめました。
少し長いですが、最後まで読んでくださいね。
最後まで読めば、イノシシ被害の対策と攻略
法が分かります!

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
1)イノシシを知ろう!
2)イノシシから田畑を守ろう!
3)柵を効果的に設置しよう!
4)柵の維持メンテナンス
5)イノシシを近づけない!
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

1)イノシシを知ろう!

イノシシと対峙するには、まずイノシシの形
態や食性、繁殖などの特徴をしっかりと把握
することが大切です。

また、イノシシは、基本的に臆病な動物です
が、その場所が安全であることを知ってしま
うと、行動が大胆になることが知られていま
す。

そのため、相手をしっかりと知った上で、対
策を考えましょう!

以下に、イノシシの特徴について書き出しま
した。まずは相手の特徴を理解しましょう!
なお、詳細な生態的特徴は末尾に整理しまし
たので、詳しく知りたい方は、ご覧になって
ください。

〔形 態〕
イノシシの体高は60~80cmで、藪や茂みに
隠れています。体重は、大きなものでは150
kgにもなると言われています。
イノシシ被害_形態

〔分 布〕
西日本を中心に分布していますが、現在、北
陸地方や東北地方への北上が指摘されており、
東北地方を中心に北陸地方などでも分布の拡
大が懸念されています(下図を参照してくだ
さい)。
イノシシ被害分布

〔生息環境〕
広葉樹林や竹林、耕作放棄地などに生息して
います。特に、身を隠すことのできる藪は格
好の住処となるので要注意です!

〔食 性〕
タケノコやドングリ(堅果類)、植物の根や
茎、昆虫、両生類、爬虫類などを食べる雑食
です。
畑に野菜くずなどを放置すると「エサ場」に
なってしまい、イノシシを呼び寄せてしまう
ので危険です!
イノシシ被害_食性

〔繁 殖〕
一般的に、年間に平均4.5頭を出産し、その
半数が成獣に成長するとされています。

シカやサルと比較すると、増えやすいという
特徴があります(捕獲のみの対策では被害を
減らすことは難しいです)。

〔社会性〕
※基本的な社会(グループ)単位は、子供を
連れた雌の母系的グループです。
このほか、単独の成獣雄、生殖に参加しない
若齢の雄グループもあります。

〔行動特性〕
人間の居住地の近くでは、夜明けや夕方の薄
暗い時間、夜間に行動します。

ただし、危険がないと分かると日中でも活動
するようになります!

成獣は1m以上の跳躍力を持ちます。
通常、防護柵などの障害物に対しては警戒し
ながら近づき、安全を確認します。

柵の上を飛び越えるよりも、下をくぐって通
り抜けようとする特性があります。

幼獣(ウリボウ)は15cmの格子をくぐり抜け
てしまい、成獣も高さ20cm程度の隙間であ
ればくぐり抜けることができます。

鼻を使って土を掘り返し、ミミズや植物の根
を食べます。また、鼻で50~60kgのモノを
持ち上げることができます。

イノシシ被害_行動特性
★イノシシ生態の参考ブログ:猪から大切な
田畑を守るために/まずは猪の生態を理解し
よう!

2)イノシシから田畑を守ろう!

一度でもイノシシに侵入された田や畑には、
イノシシが次々と現れ、被害が拡大してしま
います。

それでは、イノシシからどのように田畑を守
ればよいでしょうか?

それはズバリ、ワイヤーメッシュ柵や金属柵、
電気柵、ネット柵などの『柵』を設置するこ
とが効果的です。

これらの種類の柵は、設置場所、施工(設置)
のしやすさ、維持メンテナンスの手間、強度、
耐久性などがそれぞれ異なります。

したがって、それぞれの耕作地にあった適切な
柵を選ぶことがポイントとなります。

イノシシ被害対策用の「柵」を選ぶ際に重視
される4つのポイントを整理しました。

・施工のしやすさ
・維持メンテナンスの手間
(除草、破損などの点検)
・噛み切りや衝撃に対する強度
・耐久性

①ワイヤーメッシュ柵
ワイヤーメッシュ柵
・「ワイヤーメッシュ」は本来、建設資材と
して使われるコンクリート用の補強資材です
が、イノシシを防ぐための手軽な柵として設
置されています。

・ネット柵より強固で、噛み切られることは
ありません。価格も比較的安価で、施工(設
置)も容易な金属柵です。

△:施工のしやすさ
◎:維持メンテナンスの手間
○:噛み切りや衝撃に対する強度
○:耐久性

②金属柵
金属柵

・「金属柵」は支柱が頑丈で、全体的に強固な
つくりの柵です。

・金属製なので、ワイヤーメッシュ柵と同様に、
動物に噛み切られることはあまりありません。

・維持メンテナンスの手間が少なく、頑丈なため、
集落ごとに囲う場合や、市町村の山際や山の中
に「長距離」にわたって設置するのに適してい
ます。

△:施工のしやすさ
◎:維持メンテナンスの手間
◎:噛み切りや衝撃に対する強度
◎:耐久性

③電気柵
電気柵

・「電気柵」は軽い電気ショックで獣を驚かし
て、動物の侵入を防ぐ柵です。

・他の柵と比較して安価であり、かつ設置がと
ても簡単です。

・電気柵の仕組みは、
電気柵本機⇒柵線⇒イノシシの鼻先(身体)⇒
地面⇒アース⇒電気柵本機が繋がる
ことで回路が作られて電気が流れます。

・イノシシが柵線に触れると、それがスイッチ
となり電気の通り道ができて、イノシシの体
に電気が流れます。

・地面との隙間が大きく空かないように、地形
にあわせて設置します。

・ただし、柵線のワイヤーに雑草が触れたり、
枝が引っかかったりすると、そこから漏電し
て柵全体の電圧が低下したり、ショートする
原因となります。

・設置が簡単な分、こまめな点検とメンテナン
スが必要となります。

◎:施工のしやすさ
△:維持メンテナンスの手間
○:噛み切りや衝撃に対する強度(※)
△:耐久性

※:動物は柵をみつけると、まず鼻先などを
使って確かめます。電気柵はその際、柵線
に触れた動物に電気が流れ、電気ショック
で動物を田畑から遠ざける心理柵です。

<電気柵の注意事項>
電気柵しくみ

・触っても、ビリッとするだけで人体に影響
はありません。

・獣に対して軽い電気ショックを与えるだけ
です。触っても死傷したり気絶をしたりす
ることはありません。

・獣は何度か柵線を触ると、ビリッとする電
気ショックを嫌がり、次第に柵に近づかな
くなります。

<イノシシ用電気柵のワンポイント!>

・猪は柵をみると、飛び越えるよりも、まず
柵の下をくぐり抜けようとして、柵を鼻先
で触って確かめます。

・また、猪の体には固い毛があるため、鼻先
や肉球などにしか電流は流れません。

・そのため、電線は猪の鼻先の高さにまず1
段目を張り、潜り抜けないように、さらに
下方向に何本か張る必要があります。

柵線の高さ:イノシシは地面から20㎝、
20㎝の2段張りが基本です(3段としてい
る地域もあります)↓↓↓↓

電気柵イノジジ2段張り
・電気柵は設置したら、その日から24時間連
続で通電させるようにして下さい(民家の
まわりなど、日中にイノシシが出現しない場
所ではその限りではありません)。

④ネット柵
ネット柵

・田畑を囲う軽量でシンプルな柵から、工夫
を凝らした頑丈な長距離設置用の柵まで、
様々な種類の「ネット柵」があります。

・潜り抜けられたり、食い破られたりするこ
とがあるので、柵の上部から地面に斜めに
張るなど、ネットの裾がイノシシの足にか
らむように設置するのが効果的です。

・電気柵(電線型)よりは設置の手間がかか
りますが、金属柵に比べると軽量、安価で、
施工の手間はかかりません。

○:施工のしやすさ
○:維持メンテナンスの手間
△:噛み切りや衝撃に対する強度(※)
△:耐久性

このほか、トタン柵などがあります。
トタン柵は、目隠し効果で畑に近づけないよ
うにします。安価で取り組みやすいですが、
やや耐久性に劣ること、傾斜地や複雑な地形
では効果が劣ることがあります。

3)柵を効果的に設置しよう!

イノシシ対策として、柵を設置しても効果が
上がらない場合、柵の選び方やちょっとした
コツがうまくできていないことが原因となっ
ていること多いです。

まずは、下図を参考に、きちんと設置できて
いるか見直してみましょう!

●下部に隙間があると・・・
電気柵隙間

柵の下の隙間を探して、田畑に侵入しようと
します。
電気柵隙間を塞ぐ
隙間をふさぐと、入れません!

●農作地の近くが藪になっていると・・・
電気柵藪
猪は柵の外の茂みに隠れて、田畑の中に入る
場所をじっくり探します。

電気柵藪なし

茂みがないと不安で、田畑の中に入る場所を
探せません(柵効果大!)。

これらのこまめな、点検・管理がイノシシに
入られないコツとなります!

4)柵の維持・管理

イノシシ対策で設置した柵は「一度設置すれ
ば放置していてもずっと猪が防げる!!」
残念ながらそんなに都合のよい柵はありませ
ん・・・

せっかくイノシシ対策のための柵を設置して
も、その後の管理をしなければ、いつイノシ
シに侵入されるかわかりません。
イノシシの侵入を確実に防ぐには、柵の設置
後も点検、補修などの維持管理が必要です。

<電気柵>
点検のポイント
・電圧は十分ですか?
・漏電していませんか?
・支柱のぐらつきや破損はありませんか?
・アースやバッテリーのコードが切れていま
せんか?
・地際から侵入された形跡はありませんか?

維持管理のポイント
・漏電防止のための草刈りをしましょう
・藪の刈り払いで、イノシシが隠れられる
場所をなくしましょう。

点検、維持管理をつづけるコツ
・「柵」の周囲を毎日の散歩コースにすると、
こまめに点検できます。
・集落ぐるみで「柵」を設置しているので
あれば、分担して管理をしましょう。

<ネット柵・ワイヤーメッシュ柵・金属柵>
点検のポイント
・隙間などからイノシシに突破されている
箇所はありませんか?
・地際に穴、くぼみができていませんか?
・倒木などが引っ掛かって破損していませ
んか?
・支柱のぐらつきはありませんか?

5)イノシシを近づけない!

田畑や集落にイノシシが来る原因は、田畑の
作物だけではありません!
それ以外の集落内にある「エサ」も原因にな
ります。

安易に生ごみを置いたり、捨てたりしないよ
うにしましょう。
また、放任果樹や稲刈り後に生えたヒコバエ
は排除してください。

イノシシは警戒心が強い動物です。
こまめに草刈りを実施し、柵のまわりの見通
しをよくして、隠れる場所をなくすことが大
切です。

田畑の作物以外の食べ物を減らすこと、猪が
安心して身を隠せる場所をなくすことで、猪
は集落に近づきにくくなります。

まずは、自分の田畑に適した『柵』を選び、
設置をしたら、こまめに維持メンテナンスを
すること。

また、同時にイノシシを田畑に近づけないた
めに、餌となるような家庭ごみや野菜くず、
ヒコバエを除去し、さらにこまめな草刈りを
実施してイノシシの隠れ場所を無くすことが
大切です。

———————————-
【イノシシの詳しい生態など】
———————————-

〔形 態〕
・ウシの仲間で、日本では大型の哺乳類に属
します。

・体のサイズは地域で異なります。中国山地
産のニホンイノシシ(雄成体)は、体重50
~150kgですが、西表島産のリュウキュウ
イノシシ(雄成)体は体重40~50kgと小型
になります。

・また、雌は雄よりも小さく、体重にして雄の
20~40%程度は軽いとされています。

〔分 布〕
・日本では、ニホンイノシシは本州・四国・
九州・淡路島、リュウキュウイノシシは奄
美大島・徳之島・沖縄島・石垣島・西表島
に分布します。

・雪に弱く、1冬に30cm以上積雪日数が70
日を超える東北地方、北陸地方などには分
布していないとされています。

・ただし、近年では福島の山間部などの雪の
多い地域でも生息が確認され始めており、
近年その分布が徐々に北へ広がっています。

・なお、海外では、北アフリカの一部からユ
ーラシアに広く分布しており、外国でもイ
ノシシ被害に悩まされている国があるそう
です。

〔生息環境〕
・常緑広葉樹林、落葉広葉樹林、里山の二次
林、低山帯とそれらの環境に隣接する水田、
農耕地、平野部に広く分布します。

〔食 性〕
・雑食性で、地表から地中にかけての各種の
植物と、動物を掘り返して食べるのが特徴
です。

・植物ではクズ、ヤマノイモ、ススキの根茎
や各種の葉、果実、堅果など、動物では昆
虫類、ミミズ、タニシ、カエル、ヘビなど
を食べます。

・耕作放棄地のクズの根茎も好物です。

〔繁 殖〕
・初産齢は1~2歳で、毎年出産します。年間
2~7頭(平均4.5頭)を出産し、その半分
程度は生きるとされます。

・出産期は春季~秋季で、通常1年に1回出
産しますが、春と秋の年2回出産すること
もあります。

〔社会性〕
・成獣は、雌・雄ともに単独性の社会を形成
しています。

・娘は母親とともに、母系的な群れを作りま
すが、雄は1~2歳で母親のもとを離れ、小
さな群れを作るか、単独生活を行います。

・一夫多妻制で、雄は交尾期にのみ雌の群れ
に入ります。

・通常、なわばりは持ちません。複数の群れ
が同一地域を利用することも可能です。

・しかし、成獣の雌同士の闘争や、成獣雌が
他の群れの子供を襲う行動なども認められ
ています。

 

————————————————————–

★イノシシ対策用品はコチラ⇒⇒

————————————————————–

★イノシシ被害を防ぐ3つのステップとは?⇒

猪被害を防ぐにはバナー

————————————————————–

★イノシシの生態などはコチラから⇒

————————————————————–
鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒
地域環境計画_井上