トレイルカメラ(自動撮影カメラ)の上手な撮影方法/「空うち」を減らす方法とは? | イノシシ対策 | イノシシ対策の知恵袋トレイルカメラの選び方 完全ガイド

こんにちは「鳥獣被害対策.com」の遠藤です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
『トレイルカメラ(自動撮影カメラ)の上手な使い方』と題し、
これからカメラを使って撮影してみようという方、もしくは
すでに設置はしているけどうまく撮影できないという
はじめての方々に、ごくごく簡単なポイントをご紹介します。

トレイルカメラ(自動撮影カメラ)とは、
無人で野生下の動物を撮影できるといった優れものです!

自動撮影カメラ(トレイルカメラ)商品一覧はコチラ

トレイルカメラ(自動撮影カメラ)の仕組みなどについては
過去のブログをご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
入門:自動撮影カメラ(トレイルカメラ)って、どんなカメラ?
~フラッシュ・電源・画像保存・防水機能について~
https://choujuhigai-blog.com/archives/2817

入門②:自動撮影カメラ(トレイルカメラ)って、どんなカメラ?
~カメラ性能について~
https://choujuhigai-blog.com/archives/2940
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撮影されたデータからは、
その動物の季節性・行動特性・時間帯など、
様々な情報を得ることができます。

さらにこれらの情報から、
どのタイミングでどのような対策を実施すると効果的か
という事がみえてきます。

野生動物の多くは、
夜行性(人間の活動時間と逆)であることが多いです。

トレイルカメラ(自動撮影カメラ)ではそうした夜間の行動も
正確に記録してくれるので、本当に便利なアイテムです!

トレイルカメラ(自動撮影カメラ)は、
基本的に乾電池で稼働させることができるので、
無人の状態で撮影を行うことができます。

そのため、撮影対象へのコントロールは行えません。

つまり、動物以外のものであっても、
センサーが反応してしまうと撮影が行われてしまい、
結果として誤作動が多くなってしまいます。

この誤作動のことを「空うち」と言ったりもします。

「空うち」が多くなると、
電池の消耗・SDカードのメモリー消耗などが起こり、
すごく短い期間で撮影がストップ!
なんて悲惨なことも起こります・・・。

撮影されたカメラデータを確認するときは、
なんの動物が映っているのだろう?
どんな行動をしているのだろう?
などとても“ワクワク”しますよね。

しかし、空うちでほとんど撮影されていない、
撮影されていても草の揺ればかりなんてことに
なったら、そのワクワクの分だけ疲れてしまうものです・・・。

それでは、この「空うち」を少なくするためには、
どうすればよいのでしょう?

空うちの原因としては、
いくつかありますが主なものとして、
カメラの画角内に映り込む植物の揺れなどが多いです。

下草がカメラと同じくらいの高さにあろうものなら、
もう最悪です。

下の動画は下草をほとんど管理しなかったときに
撮影したイノシシの動画です。

頑張って目を凝らすと、
だいぶ奥の方にイノシシがいるのがわかります。

・・・こんな動画ではみるのも疲れてしまいますよね。

ちなみに、カメラを設置した感じは、
この写真のような感じです。

カメラの設置高さは、地上約40㎝です。

では、下草を刈ったらよいのではと思いますよね・・・。

その通りです!!

ですが、撮影に障害が無いとなると、
草丈をだいぶ短い高さで維持し続けなければなりません。

しかも、さきほどの写真をみると、
どのくらい下草を刈ればよいのだろうと・・・
この下草の管理も意外と大変な作業です。

対策方法として、
除草剤や農業用マルチなどもありますが、
農作物が近くにあるときには除草剤は使用しにくいし、
農業用マルチは夜間の撮影時に障害になる場合があります。

そんなときに試して頂きたいのが、
高位置からの俯瞰的な撮影方法です。

俯瞰的といっても、
撮影カメラを高い位置(おおよそ目線の位置)から
画角を下に向けるだけです。

これをするだけでだいぶ変わります!

まず、目線の高さから撮影したい方向・画角を
みることでより自分の撮影イメージに近づきます。

また画角を下に向けるため、
下草の動きによる空うちが多少は軽減されます。

伸びたり、縮んだりする下草があったら怖いですもんね。

また、動物の目線の高さを意識して低い位置で撮影
することで、とても上手に撮影できることもあります。

しかし、動物に近づければ近づけるほど、
その他の障害物が映りやすくなったり
、動物たちにいたずらされる機会が増してしまいます。

まずは全体を見渡してみよう、くらいの気持ちで、
今回ご紹介したポイントを少し意識しながら
カメラを設置してみてください。

その中で自分にあった設置の仕方がみえてくると思います!

そこまでいったらあなたも自動撮影マスターです!

最初は操作や設置について悩むことも多いかと思います。
そんなときは是非お気軽に「鳥獣被害対策.com」までご相談ください。

————————————————————–

自動撮影カメラ(トレイルカメラ)は商品一覧コチラ

自動撮影カメラ(トレイルカメラ)スペック比較表【PDF】
※当社取り扱い機種の仕様がこちらからご確認いただけます

————————————————————–

イノシシ対策用品はコチラ

イノシシ被害を防ぐ3つのステップとは?

イノシシの生態などはコチラから

————————————————————–

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
メルマガ登録はコチラから

[運営会社]
株式会社 地域環境計画

[関連サイト]
屋外防犯用品の販売サイト| Fieldsaver.com

endo