行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > トレイルカメラの選び方│トレイルカメラとは? 性能の違い・機種の選び方を徹底解説

トレイルカメラの選び方 完全ガイド
初心者でもわかる!性能の違い・機種の選び方を徹底解説

トレイルカメラとは?初心者でもわかる!性能の違い・機種の選び方を徹底解説

トレイルカメラを購入しようと検索してみると、多種多様なカメラがずらりと出てきます。
最近では各社から様々なカメラが発売され、価格も性能も異なり、どれを買ったらいいのか
迷う人も多いと思います。
性能や機種を比較してみても、ちょっと難しくてよくわからないという人のために、
鳥獣被害対策.comでは、初心者でもわかる性能の違い・機種の選び方を、わかりやすくまとめました。

トレイルカメラの基本

トレイルカメラ(自動撮影カメラ・センサーカメラ・野生動物カメラ と呼ばれることもあります)とは、
動物(人)の熱を感知して自動で撮影するカメラです。
一般的なトレイルカメラは、無人の状態で「静止画撮影」「動画撮影」「夜間撮影」ができます。

トレイルカメラは、赤外線センサーを搭載しています。赤外線センサーは、熱(赤外線)を発生する物体 (動物など)がセンサーの感知エリア内を移動すると、外気と対象物の温度差を感知して、シャッターが作動して撮影を行います。動物や人だけでなく、 風に揺れる葉っぱや車などにも反応することがあります。センサーの感知エリア内でも 物体が全く動かない場合は感知しません。また、センサーの特性上、ガラス越しでは センサーが反応しません。ガラス越しに撮影する場合は、センサー撮影ではなくタイムラプス機能で撮影が可能です。

野生動物のモニタリングなどで使用するため、屋外に設置できるよう頑丈に設計されています。
乾電池で稼働するので、電源や配線が不要で簡単に設置できます。

トレイルカメラの撮影画像には、日時・温度・電池残量などが同時に記録され、野生動物の生態観察や狩猟の現場に多く使われています。撮影した画像・動画をメール送信してパソコン・スマートフォンで確認が出来る通信タイプもあります。
近年では、屋外防犯や不法投棄の監視などの目的でも普及しています。


トレイルカメラでの撮影イメージ


撮影画像:光のある場所  撮影画像:光のない場所
日中、光のある場所での撮影(カラー) 夜間、光の不十分な場所での撮影(モノクロ)
※夜間カラー撮影できる機種もあります

 便利なトレイルカメラは、様々な用途で活躍しています!
 ✔ 無人の状態で、静止画撮影、動画撮影、夜間撮影ができます!
 ✔ 野生動物のモニタリングや生態記録に!
 ✔ けもの道に設置し、罠を仕掛けるポイント選定に!
 ✔ 夜行性の動物の動きも確認可能!
 ✔ 不法投棄等の監視・防犯カメラとしても活用されています!

鳥獣被害対策.comが厳選したトレイルカメラ一覧

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラ機種を性能比較

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 3G-R

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカムXLT 24MPローグロウ

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 20J

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカムHD3エッセンシャル

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 10J-D-18MP

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカム ネイチャービューHDライブ

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 10J-C-18MP

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 ハイクカム SP4G

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 BMC SG565F-14mHD

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 ハイクカム SP2



鳥獣被害対策.com 売れ筋ランキング



鳥獣被害対策.com トレイルカメラ売れ筋ランキング 1位 鳥獣被害対策.com トレイルカメラ売れ筋ランキング 2位 鳥獣被害対策.com トレイルカメラ売れ筋ランキング 3位
鳥獣被害対策.com トレイルカメラ売れ筋ランキング 1位 ハイクカムSP2 トレイルカメラ 鳥獣被害対策.com トレイルカメラ売れ筋ランキング 2位 Bushnell トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ トレイルカメラ 鳥獣被害対策.com トレイルカメラ売れ筋ランキング 3位 TREL(トレル) 20Jトレイルカメラ
様々なシーンに対応できる
多機能・高性能を追求!
『ハイクカムSP2』
トリガースピード0.2秒!!
『Bushnell トロフィーカム
XLT 24MPノーグロウ』
2000万画素静止画撮影
動画180秒撮影可能!
『TREL(トレル) 20J』

1.照射ライトの種類

トレイルカメラの照射ライトは、大きく分けて下記の4種類があります。

@不可視光線フラッシュ(ノーグローライト)

不可視光線フラッシュ(ノーグローライト)は、人や動物の目には見えない波長の赤外線を照射して撮影します。警戒心の強い動物や人通りの多い場所での設置に最適です。ただし、撮影された映像をチェックすると、明らかにカメラ目線の動物を撮影することがあります。人間には見えない波長ですが、もしかしたら動物には、ほんのりと見えているのかもしれませんね。
夜間撮影時、撮影画像は白黒になります。

ハイクカム SP2

おすすめアイコン
ハイクカム SP2

1200万画素の静止画及びフルHD動画の撮影ができる、画質に徹底的にこだわった日本向けのトレイルカメラです。様々な業務に対応できる多機能・高性能を追求したバランスの良い機種です。




A可視光線フラッシュ(ローグローライト)

可視光線フラッシュ(ローグローライト)は、フラッシュ部分がほのかに赤く光る波長を照射して撮影します。 不可視光線フラッシュ(ノーグローライト)よりも明るく照射できます。
夜間撮影時、撮影画像は白黒になります。


B白色LEDフラッシュ

センサーで動物を感知すると、LEDライトが点灯するので、夜間でもカラー撮影することができます。LEDライトは、ストロボフラッシュとは異なり、長時間の点灯も可能なので、カラー動画の撮影も可能です。ただし、明るい光を出すため、警戒心の強い動物を撮影する場合は、逃げてしまう可能性もあるので注意が必要です。
夜間カラー静止画・動画撮影が可能です。


おすすめアイコン
TREL(トレル) 10J-C-18MP

TREL(トレル) 10J-C-18MP は、夜間もカラー撮影が可能な白色LEDライト搭載のトレイルカメラです。1800万画素静止画・音声付きHD動画(最大120秒)の撮影が可能になりました。

Cストロボフラッシュ

一般的なカメラに搭載されているストロボフラッシュと同様、一瞬、強い光を出して撮影します。 強い光を放つので、シャッタースピードを速くすることができ、撮影被写体のブレが小さいのが特徴です。 ただし、連続照射をすることができないので、撮影は静止画のみで、動画撮影はできません。
夜間カラー静止画撮影が可能です。(夜間動画不可)


2.トリガースピード

トリガースピードとは、赤外線センサーが動体の熱を感知してからシャッターを切るまでのスピードを表します。つまり、トレイルカメラは、センサーが対象物を確認した瞬間にシャッターを切ることはできない、ということです。当然ですが、タイムラグが短い方が、動物の撮り逃しがないと言われています。動きが早い動物にはトリガースピードが速い機種が向いています。

一般的なトレイルカメラのトリガースピードは、0.7秒から1秒ほどですが、検知から0.2秒ほどで撮影を開始する高性能なトレイルカメラもあります。トレイルカメラの性能を比較する上で、トリガースピードの速さは非常に重要なポイントとなります。トリガースピードが遅いと、シャッターが切れた頃には、被写体がフレームアウトしているか、あるいは尻尾しか写っていない・・・、といった悲しい経験をする方も多いのではないでしょうか。安価な製品の中には、トリガースピードが1秒未満と仕様に記載があっても、実際の数値は数秒かかってしまうものもあるようですので、購入の際には注意が必要です。

おすすめアイコン
Bushnell トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ

0.2秒の最速トリガースピード、センサー有効範囲 30mなど、トレイルカメラとして必要な最新技術・機能が惜しみなく注ぎ込まれた機種です。

3.センサー反応距離

センサーの反応距離も重要なチェックポイントです。
トレイルカメラは、動物などの“熱”を持つ動体から発する赤外線を感知し、自動で撮影するカメラです。 そして、熱を感知するエリアには限界があります。

一般的に、カメラ機種によってセンサーの反応距離は異なり、短いものでは15m、長いもので30m程度となります。 また、外気温と被写体との温度差が小さい場合は、センサーが反応しなかったり、あるいは反応できる距離が メーカー仕様(最大値)を下回ることもあります。
また、センサー反応距離が最大20mというメーカー仕様でも、それはカメラの正面の値あって、 正面から角度が付いた場合は、その距離は短くなるので注意が必要となります。

上記のようなセンサーの仕組み上、センサーが実際に反応する範囲は、被写体となる動体のサイズや、撮影時の気温などによっても変わってきます。 例えば、大型のシカやイノシシなどは、遠方にいても撮影できますが、ネズミ類や小鳥などの小動物は、遠方のものを撮影することはできません。


トレイルカメラのセンサー距離説明


さらに、夜間はフラッシュの届く範囲も重要です。
熱感知できる範囲と、フラッシュの届く範囲は別として、
認識しておいてくださいね。



おすすめアイコン
TREL(トレル) 10J-D-18MP

センサー有効距離30mと有効範囲が広く、安定した人気のロングセラーモデルです。1800万画素静止画・音声付きHD動画の撮影が可能になりました。

4.F.O.V(画角)

トレイルカメラの画角は、一般的には55〜60°のものが主流となります。
また、なかには120°と広角タイプのものもありますが、種類は限られています。 ただし、画角を広角にすると、赤外線センサーも広角にしなければいけなかったり、また夜間照射の赤外線LEDを増やさなければいけないなど、バッテリー消費との関係もあるので注意が必要です。

5.メール送信機能(通信タイプ)

最近はICT技術の発展により、撮影した画像や動画をほぼリアルタイムでパソコンやスマホで確認できる通信タイプの機種も増えてきました。撮影画像にはカメラの状態(電池残量など)を確認できる情報が含まれており、設置場所まで行かなくてもカメラの状態が確認できます。また、アプリケーションを利用して任意のタイミングで撮影したり、設定を変更したりすることが可能となりました。通信タイプを利用する際は、MVNO(格安SIM)を利用するため、月々のランニングコストがかかりますが、比較的低価格で運用が可能です。トレイルカメラから送信される大量のメール受信を管理する、クラウドサービスも普及してきました。



おすすめアイコン
ハイクカム SP4G

撮影した静止画・動画を設定したメールアドレス宛に送信可能。前モデルより基本性能を大きく向上させ、トリガースピード0.65秒・リカバリータイム2秒と高性能なバランスの良い機種です。

当店取り扱い機種を性能比較してみました!

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラ機種を性能比較

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 3G-R

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカムXLT 24MPローグロウ

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 20J

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカムHD3エッセンシャル

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 10J-D-18MP

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 Bushnell トロフィーカム ネイチャービューHDライブ

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 TREL(トレル) 10J-C-18MP

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 ハイクカム SP4G

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 BMC SG565F-14mHD

鳥獣被害対策.com取り扱いトレイルカメラNO.1 ハイクカム SP2

あなたに合う機種はどれか考えてみましょう

前述の性能の違いから、あなたが必要としている性能はわかりましたか?
トレイルカメラは他にもいろいろな機能や特長があり、機種によって搭載されている機能が異なることがありますので、 あなたが必要としている機能を備えているトレイルカメラを選定する必要があります。
前述の性能の違いのほかに下記のような機能・特長がありますので、カメラ選定の参考にしてください。

◆リカバリータイム

リカバリータイムとは、撮影終了後、次の撮影準備ができるまでのカメラの回復時間のことです。リカバリータイムが短いほど連続的な撮影が可能です。リカバリータイムは機種により大きく異なり、ストロボの回復に時間がかかるモデルは15-20秒ほどかかるものもあります。リカバリータイムが短い高性能機種は0.5秒程で回復します。 リカバリータイムが短い機種は、対象を逃さず、より高い撮影成功率が見込めます。
⇒ おすすめ機種:Bushnell トロフィーカムXLT 24MPノーグロウ

◆タイムラプス撮影

タイムラプス撮影とは、設定した時間間隔で撮影する方法です。熱感知とは異なり、設定時間間隔で撮影を行うため、センサー感知ができない対象物(植物の定点観測/河川監視)などにも有効です。センサー感知と併用できる機種もあります。
⇒ おすすめ機種:ハイクカム SP2

◆スケジュール機能

設定した時間帯のみカメラを稼働させることができる機能です。センサー撮影・タイムラプス撮影の2つのモードを2パターンのタイムスケジュールで組むことができる機種もあります。これによりモーション感知撮影と定点観測を時間毎に使い分けることが1台で可能になります。スケジュール機能で撮影時間帯を設定することで、撮影したい時間のみ稼働させることが出来るので、電力消費の削減になり待機時間を延ばすことができます。特に昼間に多い空うちを避けたい方にはお勧めの機能です。

◆画質(画素数)

静止画の画質は、画素数だけではなくセンサー感度や性能の違いでも仕上がりは異なります。画素数が大きいと高繊細できれいな写真が撮れるという訳ではありませんが、近年の技術進化により大きく進歩していることも事実です。実際の撮影画像サンプルなどを見比べ、バランスの良いカメラを選定することがポイントです。画素数が大きいと、画像を処理してSDカードに記録するのに時間がかかり、スピードを犠牲にすることもあります。利用用途に合わせた画素数の設定も必要です。

◆動画サイズ/動画撮影時間

動画の撮影時間は一般的には5秒〜120秒程度の機種が多いですが、数分間撮影可能といった機種も出ています。動画は静止画以上にデータサイズが大きくなることや、また、電力も多く消費するため、画質の高い設定や長い撮影時間の設定には注意が必要です。

◆液晶モニター(カラー/外部モニター等)

液晶モニターも機種によって様々です。カメラ本体にカラーモニターが付いていて、その場で撮影画像を確認できるモデルも増えてきています。外部モニター付属の商品もあります。

◆メニュー画面の言語(日本語・英語)

トレイルカメラは輸入モデルも多く、メニュー表記が英語の機種もあります。操作自体はそれほど難しいものではありませんが、日本語説明がない機種もあるそうなので、きちんと日本語の説明書が付属しているか事前の確認をお勧めします。当店取り扱いトレイルカメラは、英語メニューの機種にはすべて日本語マニュアルが付属しています。日本語・英語メニューを切り替えられる機種もあります。

◆修理対応(サポート体制)/保証期間/保証書の有無

近年はトレイルカメラの種類も増え、安価な海外製品が多く流通してきました。しかしながら、安価な海外製品の中には故障率が高い機種もあり、初期不良なども見受けられます。初期不良・故障などの不具合が出た際にも、サポート体制がきちんと整っている販売店を選定していると安心です。 購入前に、保証書の有無や保証期間もしっかり確認して選びましょう。

◆豊富なオプション

盗難防止のためのセキュリティパッケージや、樹木などに取り付けてカメラ向きを自在に調整できるダイレクトツリーマウントなど、トレイルカメラには豊富なオプションがあります。長時間の設置を可能にするソーラーシステムやバッテリーシステムも有効です。



トレイルカメラの選定に重要なのはバランスです。安価な商品も多くありますが、上記のような性能・
選定基準を元に熟考して、あなたの撮影シーンに最も適したトレイルカメラを選びましょう。

機種選びや設置方法などにお悩みがある方は、お気軽に当店サポートまでご連絡ください。
専門のスタッフがご相談に対応させて頂きます。

不明な点はございませんか?お気軽にお問合せください。専門のスタッフが対応させていただきます。フリーダイヤル:0120-449-106