イノシシ用防護柵(金属柵)の設置1年後の状況とメンテナンス方法 | イノシシ | イノシシ対策の知恵袋こんにちは「鳥獣被害対策.com」の井上です。

今回のブログは、イノシシ用防護柵「イノシッシ」の設置1年後の状況、
メンテナンス方法についてお話しします。

イノシッシを設置したのは、神奈川県大磯町です。

大磯町といえば、大磯ロングビーチが有名ですが、
実は島崎藤村や吉田茂の邸宅があるなど、
多くの文化人が暮らしていた地域でもあります。


夜景で有名な湘南平

しかし…こんなゆっくりと時間が流れる大磯町ですが、
実はイノシシ被害が発生しているのです。

しかも…頻繁に。

今回、お伝えするイノシシ被害の発生場所は、
丘陵地の麓(ふもと)に位置しています。
やはり、こういった場所は、狙われやすいですよね。

これは(↓)、庭先を無心で掘り続けるイノシシの動画です。
なんとも、腹立たしい。

また、家庭菜園地にも夜な夜な出現し、見るも無残な感じです。


(隣の畑)

こんな、イノシシ被害に業を煮やした地主さんが、
インターネットで『鳥獣被害対策.com』を見つけ、
被害対策の相談をしてきてくれました。

実は、鳥獣被害対策.comの運営会社である(株)地域環境計画は、
動植物の生態調査などを中心に、生物多様性保全などを専門とする
自然環境コンサルタントで、これまでも数多くの獣害対策業務を手掛けています。

獣害対策専門コンサルティングの詳細はコチラ

ご連絡をいただいた後は、現地被害の状況を確認し、
また対策の方法について打ち合わせを行いました。

打合せでは、イノシシの被害対策には、

①柵などを使って対象地を守ること
②被害の原因となる害獣を取り除くこと

について説明させていただきました。

そして、地主さんと私たちとの検討の結果、
今回は『柵』による防護を実施することになりました。

また、獣害対策用の『柵』と一言でいっても、
電気柵やネット柵、金属柵と様々な種類があります。
さらに、金属柵をとってみても、例えば、高さ、
金属線の太さ、潜り込み防止の仕組みなど、
検討しなくてはいけないことが沢山あります。

⇒イノシシ対策用の柵についてはコチラ

このような打ち合わせを重ね、様々な検討の結果、
傾斜地にしっかりと対応でき、柵の下部に『潜り込み防止』の機能を備えた
イノシッシ(1.8m)を採用することになりました。

※イノシッシの商品ページ
※イノシッシの施工について

ちなみに、金属柵設置は、景観の保全上、柵が目立たないように、
敷地境界線上ではなく、少し奥まった樹林内に設置することにしました。


林内を通る金属柵『イノシッシ』

金属柵は、電気柵などと比較すると、コスト的には高くなりますが、
頻繁なメンテナンスの必要はありません。

そのため、今回のような敷地の対策としては、最適な対策方法といえます。

ただし、まったくのメンテナンスフリーとしてしまうと、
次第に必ず、ほころびが出始め、頭の良いイノシシは、
必ずその場所を攻めてきます。

そのため、今回の施工場所については、年に3回、柵の点検を実施し、
うち春季・夏季の2回では、柵周辺の下草の刈り払いも行っています。

下の写真をご覧ください。


倒木によってフェンスがゆがむ

冬季に、落下してきた枝によって、柵が曲がってしまっています。

こういった異常の発生についても、定期的な点検を実施することで、
すぐに修復することが可能となります。


修復後の様子

また、柵の周りの枝葉を張り払い、すっきりさせておくことで、
イノシシの侵入を防ぐことができます。

ちなみに、「金属柵周辺の刈り払いは難しいし、
刈り払い機での作業は危険なのでは?」
と思っている方も多いと思います。

しかし、刈り払い機のブレード部分をチップソー(金属製の歯)ではなく、
ナイロン製のコードを使用することで、柵に傷をつけずに、
上手に刈り払うことができるそうです。


下草刈りの様子


ナイロン製コードなのでフェンスを傷つけていない

柵の維持管理の方法について、
宍倉造園の宍倉さんにアドバイスをもらいました。


宍倉造園の宍倉さん

メンテナンス作業の工程は大きく4つ。

・・・・・・・・・・・・・・・
①ツル取り
②除草
③清掃
④(少量の)除草剤散布
・・・・・・・・・・・・・・・

①フェンスに絡んだツル取り
・無理に引っ張るとフェンスを傷めたり、柵の結束部が壊れる恐れがあるため、
人力作業で、優しく丁寧にツルを取っています。
・ツルが茂ってしまうと、見通しが悪くなり、イノシシが近づき易くなると想定されるので、
3ヶ月に1回を目安にメンテナンスをしています。

②除草
・フェンスの外側2m、敷地側1mを刈幅に実施しています。
・スカート部は、刈払機のナイロンコードでスカート表面に沿って刈ります。
※チップソーは、柵自体を傷つける可能性があるため使用しません。

③フェンス周り、スカート内の清掃
・常緑樹は春に、落葉樹は秋に、葉を多く落とし、その落ち葉は
潜り込み防止用のスカートの中に溜まってしいます。
・スカート部分が落ち葉で埋もれてしまうと、その効果が薄れてしまうため、
それをブロワで吹き飛ばします。
・また、同時に地面と柵との間に、隙間ができていないかどうか、確認しています。


施工後1年目の状況、とてもきれいに管理されています。
また、ブロワで枯葉を吹き飛ばすことで、隙間チェックが簡単にできます

・なお、台風の後は、枯れ枝や大きな枝が引っ掛かったりすることが多くみられます。
・そのため、秋の点検は、台風シーズンが終わった頃に実施するのが最適です。

④除草剤散布
・傾斜地では、植物の根が土壌の流出を防いでいるので、
除草剤の散布は必要最低限とします。
・基本的には、草本類の刈込ができない、スカート部のみの散布とします。
・また、ササ類のような地下茎でつながっている植物が生育している場所には
撒かないようにしています。

宍倉さん曰く、基本的には、イノシシに隙をつくらないようにし、
フェンスの効力を最小限のメンテナンスで
最大限に引き出すようにしているとのこと。

金属フェンスは、電気柵よりもメンテナンスが楽といわれていますが、
やはり適切なチェックや補修は必要となりますね。

小さいな“ほころび”が、徐々に大きくなり、
そしてイノシシの侵入を許してしまうことに繋がります。

『チェックの目は手抜かりなく!』これは獣害対策の鉄則ですね。

もし、皆さんのお住いに、広域金属柵・ワイヤーメッシュ柵が設置されていたら、
地域の方々と協力して、柵の点検を行ってみてください。
地域ぐるみでの獣害対策も大切ですよね。

 

————————————————————–

イノシシ、シカ侵入防止金属柵「イノシッシ【1.8m柵】」商品ページはコチラ

イノシシ対策用品はコチラ

イノシシ被害を防ぐ3つのステップとは?

イノシシの生態などはコチラから

————————————————————–

 

【鳥獣被害対策.com】
野生動物の被害を防ぐ対策用品を買うならココ!
イノシシ対策に有効な電気柵から防護柵、箱わな・トレイルカメラ等、
獣害対策グッズ300点以上の品揃え!
https://www.choujuhigai.com/

鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なお知らせを、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
お知らせメール登録はコチラ

[運営会社]
株式会社 地域環境計画

[関連サイト]
屋外防犯用品の販売サイト| Fieldsaver.com

井上 剛