野生動物の専門家による鳥獣害対策のためのブログ。野生動物の生態、観察、忌避、捕獲まで、被害を防ぐために役立つ情報を発信しています。

ご相談・お問い合わせ

箱罠の珍客

記事のタイトルとURLをコピーする

こんにちは「鳥獣被害対策.com」の宮畑です。

今日の鳥獣害対策の知恵袋は、
箱罠にやってきた珍客のお話しです。

アライグマやハクビシン、
タヌキなどの中型獣用の
箱罠には、ネコやカラス
など思わぬ珍客が錯誤捕獲
されることがあります。

それでも、箱罠の中に
捕獲された動物が入って
いれば正体はすぐにわかります。

しかし、扉が閉まっているのに
何も入っていなかった、
という経験をお持ちの方も
いるのではないでしょうか?

強風で揺れてトリガーが
作動してしまった?
獣が箱罠に触れたり
乗ったりしたため、トリガーが
動いて作動してしまった?
どちらも吊り餌式の箱罠
では、起こりうることです。

それでも、餌をしっかり
食べられているのに、扉が
閉まって何も捕獲されていない・・・?
といった経験を持つ方も
いるのではないでしょうか。

吊り餌式の箱罠は、意外と
弱い力でもトリガーを動かす
ことができるため、たまに
こんな動物が作動させて
しまうことがあります。

そう、犯人はネズミです。

画質はそんなに鮮明では
ないので断定はできませんが、
おそらくアカネズミと思われます。

餌にバターピーナッツを
混ぜていたことがあだと
なったようです。

扉が閉まって初めはパニックに
陥っていましたが、すぐに慣れて
吊り餌をむさぼり食べていました。

満腹したのち難なく脱出。

トレイルカメラの選び方 完全ガイド

  • この記事を今すぐシェアする
  • facebookアイコン
  • Xアイコン

この記事を書いた人

宮畑 貴之

鳥獣被害対策 お役立ち情報

被害を防ぐために知っておきたい情報を公開中!

▼イノシシ被害でお悩みの方はこちら

トップへ戻る

先頭へ