イノシシ対策~重要な3つのポイント~ | イノシシ対策 | イノシシ対策の知恵袋こんにちは、
鳥獣被害対策.comの井上です。

当店のブログで最も多く検索されて
いるキーワードは、『イノシシ』に
関するものです。

イノシシ対策商品ランキング


※イノシシ動画

 

実は、この「イノシシ」という
キーワードは、ネットショップの開設以来、
一貫してNo.1となっています。

近年では、生息分布の北上も指摘され、
今年度は岩手県においても分布調査が
実施されるそうです。

★関連ブログ:北上するイノシシたち、その被害と現状

また、シーズンによって、
検索される商品の内容は変化します。

春から秋ごろまでは「電気柵」と
いった防除用品が多く検索されますが、
秋から冬季にかけては「ワイヤー
メッシュ柵」などの侵入防止柵のほか、
「箱わな」や「足くくり罠」など、
捕獲に必要な資材が注目を集めます。

当店では、このような『検索キーワード』
を参考にしつつ、お客様が“知りたい”と
いう情報を配信し、“欲しい”・“使ってみ
たい”と思う商品をご提供できるような
店づくりに努めています。

そこで今回は、皆さまが知りたいと思って
いる情報No.1の「イノシシ対策」につい
てご案内します。

イノシシ対策には、以下の3つのステップ
が必要であるとされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1)イノシシの“侵入を防ぐ”
2)イノシシを“集落や田畑に近寄らせない”
3)イノシシを“罠で捕獲する”
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)“侵入を防ぐ”ためには?

イノシシを入れたくない場所に、『防護柵』
を設置して侵入を防ぎます。

ちなみに、防護柵には、大きく分けて3つの
種類があります。
・電気柵
・ネット柵
・ワイヤーメッシュ柵・金属柵

★HPリンク:1)イノシシ対策_侵入を防ぐ

これらは、設置の易難や耐久性、強度、
管理の手間、価格などの条件によって
選び方が変わります。

設置の方法にも注意が必要です。

一般的に、イノシシは柵の上を飛び越え
るのではなく、柵の下に潜ってくぐり抜
けようとします。

そのため、柵と地面の間は隙間を作らない
ようにして、さらにアンカーピンを打ちこ
むなど、しっかり固定することが大切です。

また、隙間を見つけると、そこから入り込
もうとします。
したがって、柵と柵の継ぎ目には、隙間を
作らないように、しっかりと設置すること
が肝要です。

イノシシ対策_柵

2)“集落や田畑に近寄らせない”ためには?

実は、これがイノシシ対策の一番大切な
ポイントなのです。
イノシシが集落や田畑に出没する目的は、
栽培中の作物だけを食べよう思っている
のではありません!

出荷せずに放置された野菜や果物は、
イノシシにとっては大事なご馳走になります。

放置野菜
※放置野菜の写真

そのため、イノシシを近寄りづらくさせる
ためには、野菜くずなどをしっかりと処分し、
イノシシが興味を示さない環境をつくること
が必要です。

3)“罠で捕獲する”ためには?

イノシシを近寄らせない環境づくりをし、
侵入を防いでも、出没するイノシシは
捕獲します。

イノシイs対_箱わな
※箱わな写真

イノシシ対策_くくりわな
※足くくり罠写真

ただし、イノシシなどの獣を勝手に捕獲
することは、法律で禁止されています!

★関連ブログ:狩猟法の改正

捕獲するためには、免許や許可が必要となります。
まずは最寄りの自治体にご相談ください。

イノシシ対策について、詳しくはこちらで
ご紹介していますので、ぜひご覧ください。
★HPリンク:イノシシ被害を防ぐには?

————————————————————–

★イノシシ対策用品はコチラ⇒

★イノシシの生態などはコチラから⇒

————————————————————–
鳥獣被害対策.comでは、商品の割引情報など
お得な情報が満載なメールマガジンを
月に2回、配信しています!

ぜひ、登録してみてください!
★メルマガ登録はコチラから⇒


地域環境計画_井上