行政への納品実績多数!動物の専門家が厳選した
イノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店

官公庁への納品実績多数!動物の専門家が厳選したイノシシ・シカ・アライグマ等の鳥獣被害対策商品の専門店 鳥獣被害対策.com

フリーダイヤル0120-449-106
  • FAX注文用紙はこちら
  • ご注文・お見積り
  • お問合せ

ホーム > 動物被害を防ぐには > 痕跡から動物を特定する

◆痕跡から動物を特定する (痕跡一覧)

動物によって、食べ物、侵入方法は違うため、対策も異なります。
何の動物が被害を及ぼしているか、痕跡を探して確かめてみましょう


※画像をクリックすると動物が特定できます
★この糞(フン)はだれのでしょう?
クマフン シカフン タヌキフン
ライ

ン
★だれの足跡でしょう?
イノシシ足跡 シカ足跡 クマ足跡 サル足跡 アライグマ

足跡 スケー

ル
ハクビ

シン足跡 タヌキ足跡 キツネ足跡 アナグマ

足跡 イタチ足跡 テン足跡
ライ

ン

★だれの何の痕跡でしょう?
イノシシ掘

り起し イノシシ・

シカぬた場 イノシシ体

こすり クマ爪痕 タイワンリ

ス食痕
ライ

ン


糞
糞_クマ
握りこぶし以上の大きさのフンでまとまって落ちています。
クマは消化器官は肉食獣に近く、単純な構造のため、食べたものを そのまますりつぶしたようなフンになります。ドングリを食べたクマのフンは黄土色、リンゴを食べたクマの フンはまるですりおろしリンゴのようです。くさい匂いもほとんどなく、食べたものそのままの匂いがします 。
(写真は秋に、ドングリを食べたフンですが、少し古くなったものです)
★クマの生態を知りたいなら→ クマの生態
★クマ被害でお困りなら→ クマ被害対策商品
画像をクリックするとクマ対策の商品ページへジャンプします
クマ対策商品

忌避剤 クマ対策商品

その他へジャンプします クマ対

策商品電気柵 クマ対

策商品箱わな クマ対策

商品カメラ
▲ページト ップに戻る


糞_シカ
俵状のフンがころころと転がっています。 カモシカのフンも同じ形状をしていますが、シカとは異なりまとめて糞をします。
(1か所にフンが300粒以上あれば、カモシカと考え てよいとされています)
★シカの生態を知りたいなら→ シカの生態
★シカ被害でお困りなら→ シカ被害対策商品
画像をクリックするとシカ対策の商品ページへジャンプします
シカ対

策商品電気柵 シカ

対策商品金属柵 シカ対策

商品ネット柵 シカ対

策商品箱わな シカ対策商品

足くくり罠
シカ対策商

品箱わな用センサー仕掛け シカ対策商

品箱わな用センサー仕掛け
▲ページト ップに戻る


糞_タヌキ
タヌキは尾根道や竹藪の中、林内にタメフンをし、匂いはとてもく さいです。
タヌキは一年を通してオス、メスのつがいで過ごし、家族も近くに 住んでいます。フンをする場所は決まっていて、写真のように こんもりとしたフン場ができます。フンを1ヵ 所に溜めていくので、「タヌキのタメフン」と呼ばれています。
★タヌキの生態を知りたいなら→ タヌキの生態
★タヌキ被害でお困りなら→ タヌキ被害対策

商品
画像をクリックするとタヌキ対策の商品ページへジャンプします
タヌキ

対策商品電気柵 タヌキ対策商品箱わな タヌキ対

策商品自動撮影カメラ
▲ページト ップに戻る


ライン
足

跡

痕跡_イノシシ
長細い蹄の跡が2つ。シカと似ていますが、その後ろに1対の副蹄の跡がつくのが イノシシの特徴です。
しかし、副蹄は写真のような泥地など、柔らかい地面でないと跡がつきません。
その場合はシカとの区別は難しいです。掘り返し跡や糞を探して、シカと区別しましょう。
★イノシシの生態を知りたいなら→ イノシシの生態
★イノシシ被害でお困りなら→ イノシシ被害対策

商品
ライン
痕跡_シカ
柔らかい地面でも、イノシシと違い副蹄がつきません。
この場合は、シカか、カモシカの足跡です。シカとカモシカは糞の量で判断します。
また、シカとカモシカのどちらかしかいない地域であれば判断ができます。
★シカの生態を知りたいなら→ シカの生態
★シカ被害でお困りなら→ シカ被害対策商品
▲ページト ップに戻る
ライン
痕跡_クマ
こんなビックサイズの足跡はクマしかいません。
子グマの足跡は小さいですが、大きめの手のひらとアーモンド形の肉球が特徴です。
★クマの生態を知りたいなら→ クマの生態
★クマ被害でお困りなら→ クマ被害対策商品
ライン
痕跡_サル 親指が手のひらの横に出るのは、サルにしかない特徴です。
★サルの生態を知りたいなら→ サルの生態
★サル被害でお困りなら→ サル被害対策

商品
▲ページト ップに戻る
ライン
痕跡_アライグマ
指の形が手のひらから指先まで切れ目なく、き れいにつきます。この特徴はアライグマだけです。
★アライグマの生態を知りたいなら→ アライグマの

生態
★アライグマ被害でお困りなら→ アライグマ被

害対策商品
ライン
痕跡_ハクビシン
丸っこい手のひらの外側に、ポンポンポンポン、と角の丸いはんこのような肉球 の跡がつきます。すこしユーモラスです。
★ハクビシンの生態を知りたいなら→ ハクビシン

の生態
★ハクビシン被害でお困りなら→ ハクビシン

被害対策商品
▲ページト ップに戻る
ライン
痕跡_タヌキ
ネコ?イヌ?いえいえタヌキです。ネコは普段爪をしまっているので、爪痕はつ きません。
★タヌキの生態を知りたいなら→ タヌキの生態
★タヌキ被害でお困りなら→ タヌキ被害対策

商品
ライン
痕跡_キツネ タヌキととてもよく似ているのですが、キツネの足跡のほうが全 体的にひし形に近い形をしています。
タヌキに比べて体の幅がスリムで、前足の足跡に後ろ足の足跡を重ねて歩くとされています。そのため、足跡 のつき方がタヌキに比べてまっすぐになります。
★キツネの生態を知りたいなら→ キツネの生態
★キツネ被害でお困りなら→ キツネ被害対策商品
▲ページト ップに戻る
ライン
痕跡_アナグマ 巣穴を掘るアナグマは、長くするどい爪を持っています。
肉球は5つでタヌキやキツネより横幅が広く、はっきりした爪痕が目印です。
★アナグマの生態を知りたいなら→ アナグマの生

態
★アナグマ被害でお困りなら→ アナグマ被害

対策商品
ライン
痕跡_イタチ とても小さな肉球(横幅は4、5mm程度)の跡が4〜5個、手の ひらの部分から少し離れてちょんちょんちょん、とついてます。体重が軽いため、土の上には足跡は残りにく く、水辺や水田の泥地などに、時折残る程度です。
★イタチの生態を知りたいなら→ イタチの生態
★イタチ被害でお困りなら→ イタチ被害対策

商品
▲ページト ップに戻る
ライン
痕跡_テン 同じイタチ科の仲間のイタチの足跡が、少し大きくなった感じで す。
タヌキやキツネと大きさは同じくらいですが、肉球は5つです。
★テンの生態を知りたいなら→ テンの生態
★テン被害でお困りなら→ テン被害対策商品
ライン
そ

の他痕跡
その他痕跡_掘り起し イノシシは土中のミミズや草木の根を探し、地面を掘り起こしま す。
ライン
その他痕跡_ぬた場
★イノシシやシカは体についたダニやノミを落とすために泥浴びをします。
このような泥浴び場を、「ぬた場」といいます。
▲ページト ップに戻る
ライン
その他痕跡_体こす

り ★泥浴びをしたのち、体を木の幹にこすりつけます。
ライン
その他痕跡_爪痕 ★クマは秋にドングリを食べるため、木に登ります。その時に爪 痕が木の幹に残ります。
こんな大きさの爪痕を残すのは、日本にはクマしかいません。
ライン
その他痕跡_食痕 ★樹皮の下の形成層を食べるため、タイワンリスが樹皮をけずっ た跡です。
▲ページト ップに戻る